F・Cフチガミ医療福祉専門学校は医療、福祉分野への就職や資格取得を目指す方の実践的なスキルアップをサポートします。

F・Cフチガミ医療福祉専門学校
お問合わせ番号0120449419(平日9時から21時まで)

診療情報管理科 診療情報管理士コース 3年課程

診療情報管理士とは?

カルテを管理するだけでなく、精度ある記録の作成支援や膨大な診療情報を正確に活用できるデータとして管理し、各種統計手段を駆使して医療現場や病院経営分析に必要な情報を提供します。

IT化に伴う診療情報の保護・管理に関すること、患者さんからの診療情報の開示への対応など、診療情報管理士の求められている役割は幅広く、重要であり、その需要は高まっています。

診療情報管理士の仕事

1

より良い記録の作成を支援、カルテの管理

カルテに書かれた内容を読み、検査や治療内容を確認し、不明な点があれば医師や各スタッフなど記録を書いた方に問い合わせ、確認します。その積み重ねで記録の精度を上げていきます。

カルテは必要な時、すぐに利用できるよう、決められた方法で効率的に管理します。患者さんと直接関わる職種ではありませんが、「カルテを見ればその病院の質が分かる」といわれているように、診療を支える裏方の中心的存在として現場の期待を背負っているのです。

1

診療情報のデータベース化を行う

カルテより抽出された診療情報を整理分析し、データベースを構築して、効果的に医療の現場にフィードバックできるようにします。そのためには、ただ診療情報を管理し、データベース化するだけでなく、データの源である診療情報が正確なものであるかをカルテと確認しながら作成していきます。

1

診療、医学の研究、経営分析に必要な統計分析を行う

データをいかに活用できるものとして加工するかが診療情報管理士としての腕の見せどころです。日常の診療や、医学の研究、病院経営に必要な統計分析に役立つ情報の提供をするために、データの分析方法をしっかり学んでいくことが重要となります。

  • めざす職業
  • 診療情報管理士
  • 医療情報技師(院内システム部門)
  • 病院管理部門スタッフ(経営企画戦略室)
  • 医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)
  • 医療事務スタッフ

カリキュラム

分類法・医療統計学

データ を分類し、統計資料として活用する

国際基準に合わせ、病気の種類ごとに定められた分類番号を正しく理解し、コーディング(コード番号を付与)する技法を学びます。さらに、カルテに記載されているさまざまな情報から統計資料を作成するノウハウを学ぶ授業です。
情報処理(医療情報技師)

医療の現場に即したコンピュータの知識を学ぶ

日々の診療に関わる情報システムの開発や運用を行うには、医療の現場を知らなければなりません。ただコンピュータの知識に精通しているだけでなく、患者さんにとって安全かつ有効に医療情報を活用できる知識と技術を学びます。
診療情報管理論1・2

診療情報管理士とは何を担う職業なのか具体的に学びます

「診療に関する情報とは何か?」「どのように管理してゆくのか?またその意義と発展性は?」といった総論や、「どのように仕事を進めてゆくのか」といった各論を、学会で認定された診療情報管理士指導者が丁寧に指導してゆきます。
電子カルテシステム

医療機関の診療情報の管理や活用方法を習得

カルテの記載方法や電子カルテのしくみと操作、システムの運用など、大量の診療情報の管理や活用方法など、具体的に医療の現場で活用できる方法を学びます。
一覧はこちら

スキルアップ講座

当コースには、通常の授業以外にも、充実した魅力的な「短期スキルアップ選択コース」をご用意しております。
楽しく学んで、スキルアップを目指しましょう。